のんびり、海外自由旅行のすすめ

海外旅行はパッケージツアーではなく、のんびり気ままな自由旅行で!これまで旅して感じた海外旅行の楽しさやちょっとしたノウハウをお伝えしていきます。

アイルランド郊外の観光はレンタカーがお勧め

f:id:Ko_abroad:20200911190856j:plain

こんにちは、コウです。 

昨年(2019年)の夏に家族でアイルランドを旅行した際のことを紹介するブログの第45回。 

前回まで、バスツアーを利用した北アイルランドの見学について紹介してきました。 

今回からはまたアイルランド共和国に戻り、レンタカーを利用した郊外の観光について紹介していきたいと思います。 

◇前回ブログ 

ko-abroad.hatenablog.jp

アイルランド首都ダブリンなどの都会と、それ以外の郊外地のコントラストが激しい気がします。 

今回、都会はダブリンしか行っていませんが、ダブリンはバスやルアス(路面電車)などの公共交通が発達し、とても便利です。各州の中心都市、ゴールウェイやコークなどもそうかもしれません。が、そういった都会を一歩離れると、バスなどの公共交通も少なく、手つかずの自然といった印象です。そこで郊外の観光スポットを見て回るには、レンタカーの利用をぜひ検討したほうが良いと思います。 

日本人にとっては都合の良いことに、アイルランドは左側通行(イギリスと同じ)で速度表示はキロメートル表示。日本と全く同じです 

私は海外旅行でのレンタカー利用は初めてでしたが、これなら大丈夫かもと思い、今回利用してみました。 

f:id:Ko_abroad:20200911191447j:plain

結果として何の問題もなく、とても楽しめましたので、ぜひレンタカーの利用を強くお勧めします。 

イギリスも左側通行ですが、速度表示はマイル表示。また国境越えの問題もあるので、今回北アイルランドの観光はバスツアーを使いましたが、結果的に見れば北アイルランドもレンタカーで問題無かったと思います。2019年時点ではアイルランドと英領北アイルランドの間には、何の国境もなく、気が付かないうちにいつの間にかイギリス領に入っていました。 

イギリスのブレグジットEU離脱)により、今後どうなるかは分かりませんが、スケジュールに縛られず、自由な旅行を楽しむという意味では、アイルランドではレンタカーは最強だと思います。 

f:id:Ko_abroad:20200911191611j:plain

f:id:Ko_abroad:20200911191633j:plain

アイルランドのハイウェイは時速120km制限。周囲の車はかなりのスピードで飛ばしていきます。 

流れに乗って運転する必要がありますが、車間距離を充分にとって、安全運転で行きましょう。 

今回の旅の途中でも、ハイウェイで事故を起こしている車を見かけました。 

楽しい旅を続けられるよう、無理のない運転を心掛けましょう。 

次回は、事前のレンタカー予約についてご紹介したいと思います。 

 

 

google-site-verification=8ajDlg-May7TX0NL4yKmX947xJpkkzlRzD1BWHMUT0o