のんびり、海外自由旅行のすすめ

海外旅行はパッケージツアーではなく、のんびり気ままな自由旅行で!これまで旅して感じた海外旅行の楽しさやちょっとしたノウハウをお伝えしていきます。

スリル満点!?キャリック・ア・リード吊り橋

f:id:Ko_abroad:20200903054848j:plain

こんにちは、コウです。 

昨年(2019年)の夏に家族でアイルランドを旅行した際のことを紹介するブログの第42回。 

前回ブログで紹介したとおり、北アイルランド観光のため、ツアーバスで首都ダブリンのモリー・マローン像前を出発、最初の目的地であるキャリック・ア・リード吊り橋を訪れました。今回はこれをご紹介します。 

キャリック・ア・リード吊り橋は、現在、新型コロナウイルス対策のため、閉鎖となっているようです。一日も早くまた訪れることができるようになることを祈りたいと思います。 

◇前回ブログ 

ko-abroad.hatenablog.jp

キャリック・ア・リード吊り橋の場所(Googleマップ) 

ダブリンを出発して4時間余り。途中、いつの間にかイギリスとの国境も過ぎ、北アイルランドの中心都市ベルファストも経由して、コーズウェイ・コーストに到着します。 

f:id:Ko_abroad:20200904193559j:plain

これがツアーバス

キャリック・ア・リードの駐車場に到着後、チケットセンターを経由して、美しい大自然の中の遊歩道を約1km、吊り橋まで歩いていきます。チケット代金はバスツアー料金に含まれています。 

f:id:Ko_abroad:20200904193646j:plain

チケットセンター

f:id:Ko_abroad:20200904193728j:plain

チケット半券

f:id:Ko_abroad:20200904193814j:plain

英語のパンフレット(部分)

f:id:Ko_abroad:20200904193929j:plain

f:id:Ko_abroad:20200904193946j:plain

吊り橋が見えてきました。人気の観光地らしく、大勢の観光客で混み合って、列になっているので順番待ちです 

f:id:Ko_abroad:20200904194020j:plain

キャリック・ア・リード吊り橋は、高さ30m、長さ23m。かつて地元のサーモン漁師が小島(キャリック島)に渡るために架けたのが始まりだそうですが、漁獲量が減った今は、肝だめしのための観光スポットとなったそうです。漁師が使用していた頃は、片方しか手すりがなかったそうです。 

f:id:Ko_abroad:20200904194055j:plain

f:id:Ko_abroad:20200904194111j:plain

f:id:Ko_abroad:20200904194128j:plain

長さが20m余りとそれほど長くないので、正直、あまり怖くはなかったです。実はカナダのバンクーバーにあるキャピラノ吊り橋も渡ったことがあるのですが、こちらは長さ140mで高さも70m。それに比べればかわいい感じでした。ただ、手すりが片方しか無かったとすると、相当怖いですね! 

ちなみにこの吊り橋のすぐ近くで、人気の海外ドラマ「ゲームオブスローンズ」の1シーンが撮影されたそうです。アイルランドには他にも「ゲームオブスローンズ」のロケ地となったところが幾つかあり、ロケ地巡りツアーもあるようです。 

f:id:Ko_abroad:20200904194240j:plain

ゲームオブスローンズ シーズン2第3話の1シーン(これがキャリック・ア・リード吊り橋の近くだそうです)

往路を渡りきったら、また列に並んで、同じ橋を折り返して戻ります。 

f:id:Ko_abroad:20200904194327j:plain

帰り道もまた雄大大自然を満喫しながら戻りました。 

f:id:Ko_abroad:20200904194401j:plain

この後、ジャイアンツ・コーズウェイ近くのレストラン「The Giants Barn」に移動し、ランチタイムとなりました。多くのツアー会社がここをランチ用に使っているようです。ランチ代は各自支払いです。 

アイリッシュ・シチューなどで腹ごしらえして、この日のハイライト、ジャイアンツ・コーズウェイに向かいます。ここはイギリスなので、代金は3人分で34.1ポンド(約4,800円)でした。 

www.tripadvisor.jp

f:id:Ko_abroad:20200904194533j:plain

f:id:Ko_abroad:20200904194549j:plain

いかがでしたでしょうか? 

次回はいよいよユネスコ世界遺産にも登録されている奇景、ジャイアンツ・コーズウェイをご紹介します。 

 

 

google-site-verification=8ajDlg-May7TX0NL4yKmX947xJpkkzlRzD1BWHMUT0o